Menu

太陽光発電の工事費用

エネルギー

異なる導入費用

再生可能エネルギーとは、石油や石炭などの限りあるエネルギーに対して、太陽光、風力、地熱などの資源が枯渇しないものを言います。太陽光発電は2009年に始まった余剰電力買い取り制度が、一般家庭においての導入のきっかけとなりました。現在家庭における再生可能エネルギーは太陽光発電が中心です。風力発電も取り入れることは可能ですが、まだまだコストがかかりすぎるようです。太陽光発電の導入には、家の屋根に太陽光パネルを設置するなどの工事が必要になります。家庭で導入する場合は3kW〜5KWくらいになるでしょう。費用としては200万円〜350万円くらい、設置容量で変わってきます。また、業者によっても工事費用が変わってきます。今は一括見積のサイトがあるため、このようなところを利用し、はじめに相場を把握しておきます。再生可能エネルギーの導入においては、元が取れるかどうか、という点がポイントになってくるでしょう。自宅で使用する分をまかない、余剰分を買い取ってもらって、何年くらいで設置費用の元が取れるか、シミュレーションしておく必要があります。これを考えて、設置費用が納得できるものか判断します。また、業者によって高すぎるかな、低すぎるかな、と感じることもあります。この点は、実際に導入した人の口コミを見られるサイトもあるので、参考にすると良いでしょう。また、売電価格の変化もあるため、必ずチェックしておきます。これから導入する人は蓄電池についても調べておいた方が良いです。再生可能エネルギーは環境負荷が少ないと言われています。家庭、自治体、企業などで導入が進むことが望ましいです。